INFINITY∞BLOG

自転車いじりに燃える日々・・・軽さは正義だ!!

Cruise ship

横浜大さん橋に並んで停泊中の、商船三井客船運航のにっぽん丸と、郵船クルーズ運航の飛鳥II
この後、17:00頃に両船とも出港していった。
乗ってみたいけどねぇ・・・船酔いするんだよなぁ。
初めて船酔いを経験したのは、小学校低学年の頃にさんふらわあに乗船した時(東京~那智勝浦)で、初めての船旅に大はしゃぎで乗船したが、船酔いでテンションだだ下がりになったのをいまでもはっきり覚えている。(笑)
車酔いはしないが、船だけはどうも駄目。
それでも船は好きなジャンルなので、2級小型船舶免許は持ってたりする。
免許歴20年以上になるが、一度も使ったことが無いけどね。
130112_yokohama-03.jpg
▲にっぽん丸(3代目)
総トン数:22,472トン 
乗客定員:202室・524名(最大)
主機関:ディーゼル 10,450ps×2基
巡航速力:18ノット
最高速力:21ノット
全長:166.65m
全幅:24.00m
喫水:6.6m
1990年9月に三菱重工業神戸造船所で竣工。
2010年に大改装。
130112_yokohama-02.jpg
▲飛鳥II
総トン数:50,142トン 
定員:客室数462室(販売客室数400室) 乗客数720 ないしは 800名(最大940名) 乗組員数約440名
機関:ディーゼル電気推進 37,800kW×4基 2軸
速力:23ノット
全長:240.96 m
全幅:29.6 m
喫水:7.5m
1990年6月に三菱重工業長崎造船所で竣工し、クリスタル・ハーモニー(バハマ船籍)として米国(日本郵船の子会社クリスタルクルーズ社)で就航。
2006年に日本仕様に改装し、飛鳥II(横浜船籍)として就航。
130112_yokohama-04.jpg
▲左画像は、港の見える丘公園に掲げてある国際信号旗(UW)で、「ご安航を祈る。」という意味の2字信号。
右画像は、飛鳥IIが出港時に掲げていた国際信号旗(UW1)で、「あなたの協力を感謝する。ご安航を祈る。」という意味。
130112_yokohama-01.jpg
▲Manfrotto MTT2-P02を使って、ローアングルで撮った赤レンガ倉庫。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/12(土) 22:32:00|
  2. カメラ・画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道博物館 | ホーム | Manfrotto MTT2-P02>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ss17n66.blog10.fc2.com/tb.php/628-e712c8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFINITY

Webサイトもよろしく!!INFINITY (Yahoo!)

プロフィール

INFINITY

Author:INFINITY


衝動買いしてしまった黄色いcannondale SUPER Vが我が家にきて十数年・・・
cannondaleがお気に入りでMTB 4台+トライアスロン/TT 2台を所有。
その他に、BeOneの軽量MTB、FOESのハードテイルMTB、そしてBROOKLYN MACHINE WORKSのDHバイク・・・いつのまにか9台の自転車が部屋を占領中。


cannondale 2.8 Series
cannondale Multisport 600
cannondale SM500
cannondale Killer V
cannondale SUPER V Carbon 900
cannondale RAVEN 800 SL
BeOne KARMA LTD
BROOKLYN MACHINE WORKS Race Link
FOES ZIG-ZAG HT('00)

カテゴリー

RANKING


FC2ブログランキング 自転車・サイクリング
クリック !! click !!
人気ブログランキング 自転車・サイクリング
クリック !! click !!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

友Link

Kstage
(フラワーデザイナーであり経営者の菊池夫婦とは10代の頃からの友達)

Cannondale Owners Link

山本和弘 YamamotoKazuhiro.com
(元プロ選手のKAZUのブログ)

思い描く走りを求めて
(NOBRANDさんのブログ)

cannondale Owners Group
(キャノンデールオーナー専用SNS)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

管理者設定