INFINITY∞BLOG

自転車いじりに燃える日々・・・軽さは正義だ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポジション再考 Part 3

結局・・・cannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALとcannondale SUPER Vのシートポストを、以前の状態に戻した。
やっぱり、見た目大事ですから!!(笑)

ただ、やはりcannondale RAVENの前乗りポジションは気になる・・・。
オフセットできる軽量なシートポストを探しているのだが、条件に合う物がない。
Ritchey WCS Carbon 1-Bolt(175g カタログ値)あたりがいいのだが、350mmとちょっと長すぎ。
カーボンを切断するのはやはり抵抗があるし・・・うーん。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 18:58:10|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポジション再考 Part 2

cannondale SUPER VのEASTON EC70 シートポスト(176g 実測)をcannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALに換装。
EC70は25mmのオフセットなので調整範囲が広がり、サドル後退幅を15mm下げて60mmとして、サドル先端からハンドルまで530mmになった。
狙ったポジションは出たのだが・・・なんかこのフレームにはセットバックのEC70は似合わない気がする。
シートアングルは75度なので極端に立っているわけでは無いが、やはり前乗り仕様のほうがいいのかなぁ・・・。
ec70-mono.jpg

cannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIAL

Frame : 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIAL
Headset : CHRIS KING NoThreadSet 1 inch Standard
Fork : cannondale Aluminum
Wheel : SPINERGY Rev-X
Quick Release : KORE TITANIUM SKEWER Silver(91g Pair カタログ値)
Tire : Panaracer Practice LP-23NEWPT26(230g×2 カタログ値)
Crankset : STRONGLIGHT VULCAN Carbon Compact 170mm 50/36T PCD 110mm(521g 実測)
Bottom Bracket : KMC Ti PRO LITE ROAD ISIS 68-108mm(145g カタログ値)
Rear Cog : SHIMANO DURA-ACE CS-7800 12/13/14/15/16/17/19/21/23/25T 10speed(193g 実測)
Chain : KMC X10SL GOLD (240g 114リンク カタログ値)
Derailleur Front : SHIMANO DURA-ACE FD-7800B 31.8mm(81g 実測)
Derailleur Rear : SHIMANO DURA-ACE RD-7800SS"改"(183g→164g 実測)
Shifter : SHIMANO DURA-ACE SL-BS78(178g Pair カタログ値)
Brake Lever : PROFILE DESIGN Quickstop CARBON(116g Pair 実測)
Brake : ZERO GRAVITY Titanium Pro(189g Pair 実測)
Cable : SHIMANO DURA-ACE
Stem : CODA 100mm/17°
Handlebar : Syntace STRATOS 400 390mm/Drop 40mm(242g 実測)
Bartape : SILVA CARBON Series Black
DH bar : Syntace C2 Clip Ultralite S size(370g カタログ値)
Saddle : selle ITALIA SLR T1(195g カタログ値)
Seatpost : EASTON EC70 27.2/250mm(176g 実測)
Seatpost Clamp : MICHE X-Carbon System
Pedal : TIOGA SURE FOOT COMPACT PDL055(204g Pair 実測)
Other parts : CATEYE CC-MC100W(30g カタログ値)
Color : Polished aluminum
Weight : 8.00kg(実測)




取り外してしまったcannondale SUPER Vのシートポストは、以前cannondale RAVENに取り付けていたTHOMSON ELITE 27.2/250mm(195g 実測)を使うことにした。
サドル位置は元の位置より5mm前にしてみた。
わりと長い期間、セットバックのEC70を使っていたので・・・なんか見た目の違和感が・・・。
tho-mono.jpg

cannondale SUPER V 900 CARBON

Frame : Super V CARBON
Headset : Cannondale sealed cartridge
Fork : Headshok DD50
Wheel : SPINERGY Rev-X STANDARD(F 880g+R 1,080g 参考値)
Quick : KORE TITANIUM SKEWER Black(F43g+R46g 実測)
Tire : MAXXIS DETONATOR 26×1.25(355g×2 カタログ値)
Tube : Panaracer R-AIR 26×1~1.25(70g×2 実測)
Crankset : FSA Carbon Pro ATB Crankset 175mm 44/32/22T PCD 104mm/64mm(565g カタログ値)
Bottom Bracket : SHIMANO XT BB-ES71 68mm-113mm(255g カタログ値)
Rear Cog : SHIMANO DURA-ACE CS-7700 11/12/13/14/15/16/17/19/21T 9speed(145g 実測)
Chain : SHIMANO CN-7701(304g カタログ値)+KMC Missing Link 9S
Derailleur Front : SHIMANO XTR FD-M960(132g カタログ値)
Derailleur Rear : SHIMANO XTR RD-M960 SGS"改"(205g カタログ値)
Shifter&Brake Lever : SHIMANO XTR ST-M960(412g Pair カタログ値)
Brake : KCNC VB-1(172g Pair 実測 ※パッド含む)
Cable : SHIMANO XTR
Stem : KORE ELITE STEM 120mm/-5°(210g 実測)
Handlebar : EASTON EC90XC Composite Handlebar Carbon Flat Bar(99g カタログ値)
Grip : OGK CX-R GRIP
Saddle : selle ITALIA SLR KIT CARBON(155g 実測)
Seatpost : THOMSON ELITE 27.2/250mm(195g 実測)
Pedal : TIOGA SURE FOOT COMPACT PDL055(204g Pair 実測)
Other parts : CATEYE CC-MC100W(30g カタログ値)
Color : Speed Yellow
Weight : 10.90kg(実測)
  1. 2008/11/24(月) 02:27:17|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポジション再考 Part 1

今日は天気も良く、絶好のサイクリング日和なのだが・・・ちょっとお疲れモードなのでポジションの再考をしてみた。

私の身長は173cmで、股下は770mm
股下寸法は、ペダルリング時の脚の開き幅にして厚さ50mm程度の本を股に挟み、床からその本の上端までの高さを計測。
サドル高は一般的に股下寸法×0.875(※注)ということなので、私の適正値は674mmぐらいなんだけど、ちょっとだけプラスして680mm(0.883)にしている。
cannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALだけはさらに10mmプラスの690mm(0.896)・・・今のところとくに不都合は無い。
気になるのはサドルの後退幅
右クランク側を前にして水平位置に保ち、ヒザのお皿のすぐ後ろから糸におもりを下げて、そのラインがペダルシャフト(母指球)を通るのが適正なサドル位置。
現状のポジションで一番なじむのは、後退幅 60mmのcannondale SUPER V
ただ、適正値は55~60mmぐらいだろう。
後退幅 45mmのcannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALと、後退幅 50mmのcannondale RAVENは、やはりサドルが前すぎの感じがする。

※注 私の場合はMTBでも街乗りメインなので、ロードバイク用のセッティングを基本にアレンジしています。


▼cannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIAL
20mmほどサドルを後退させればベストなのだが・・・このシートポストではこれが限界。
SUPER VのEASTON EC70に交換しようかなぁ。
cannondale_multisport_set.jpg
▼cannondale Killer V
サドルの位置は若干後ろ過ぎるが、ステムが短いのでバランス的にこんな感じだろう。
cannondale_killer_v_set.jpg
▼cannondale SUPER V 900 CARBON
このポジションが一番好き。
cannondale_super_v_set.jpg
▼cannondale RAVEN 800 SL
サドルの後退幅は適正位置なのだが・・・あと10mmほどサドルを後退したい。
しかしすでに限界までサドルを後ろに下げているので、オフセットできるシートポストに交換しないと無理・・・。
cannondale_raven_set.jpg
  1. 2008/11/23(日) 17:12:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜

今日はcannondale Ironmanに乗る自転車仲間S氏と横浜方面にサイクリング。
11時頃にS氏が迎えにきて出発の準備。
S氏のIronmanは、フラットバー仕様で7.36kgと軽量に仕上がっている。
私はS氏にあわせてロードのcannondale 2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALで行くことにした。
自宅を出てしばらくすると、車体後方で異音が・・・「パキン!!」となにかが割れる音。
「えっ!?」と後ろ見ると・・・パンクでした。
実はチューブラーでパンクは初体験。
空気を入れてもすぐに抜けてしまう状態で、しょうがないので予備タイヤを仮装着して自宅に引き返す。
家のそばでよかった~。
2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALでは今日は無理なので、cannondale Killer Vに乗り換えて再出発。
鶴見川サイクリングロードを下り、途中から一般道を走って、約1時間で横浜に到着。
山下公園で地方から遊びに来ていたK氏と合流。
K氏の愛車は、90年代前半に作られたcannondale最初のフルサスMTBのDelta V
古き良き時代のcannondaleの逸品、いつかは手に入れたいバイクのひとつです。(笑)
近くのレストランで昼食をとり自転車話で盛り上り、K氏が持ってきているもう1台のバイクを見に行くことになり宿泊先のホテルへ。
もう1台のバイクは私と同じ年式・カラーのcannondale SUPER V CARBON
ベースが同じでも、だいぶ私のSVCとは違います。
私はカーボン&軽量パーツをチョイスしてますが、K氏のSVCは90年代のマニアックなレアパーツ。
これもありですねぇ~やっぱり昔のパーツはいいなぁ。
当然、K氏のセンスもいいのだが。
しばらくバイクの撮影をした後、夕方に山下公園へ遊びに来るI氏と合流するために引き返す。
ちょうど山下公園に戻った時にI氏から電話があり無事合流。
I氏の愛車はK氏と同じcannondale Delta V
15年前の貴重なバイクが2台揃うとは、かなりレアな出来事です。(笑)
やっぱりほしいなぁ・・・Delta V。
雨がぱらついてきたので私とS氏は帰路へ。
楽しい1日をすごさせてもらいました。


帰宅後、2.8 Series TRIATHLON/TIME TRIALのチューブラー張り替え
やっぱりチューブラーは面倒だなぁ。
でも・・・嫌いじゃない。(笑)
パンクしたタイヤをチェックしてみると・・・小さな穴を発見。
なんか踏んだのかなぁ?
予備のチューブラータイヤが無くなったので、新しいタイヤを入手しないと・・・。
またPanaracer Practice LP-23NEWPT26 21mm(230g)にするか、TUFO S3-26LITE 19mm(180g)やVittoria CRONO CS 26 18mm(170g)にするか、少々お高いがVELOFLEX RECORD 26 19mm(160g)にするか・・・うーん。


K-SVC-01.jpg
▲▼K氏の96年型cannondale SUPER V 900 CARBON。
K-SVC-02.jpg
▼シトラスカラーが新鮮なSPINERGY SPOX・・・欲しい!!。
K-SVC-03.jpg
▼現在では生産されていないカンチブレーキ、PAUL STOPLIGHT
K-SVC-04.jpg
▼レアなSyncrosのクランクセットに、私も以前探したが手に入れられなかったSHIMANO XTR FD-M952の下引き。
K-SVC-05.jpg

▼K氏の93年型cannondale Delta V 2000。
再塗装したパールホワイトが美しく、古いレアパーツで構成。
ディレイラー&ブレーキ&シフターはXTRの900、クランクセットはCOOK BROS RACING+Syncros・・・渋い!!
リアサスのユニットはCANE CREEKの特注品!!
K-DV-01.jpg

I-DV-03.jpg
▲▼I氏の92年型cannondale Delta V 1000。
リアのユニットは名機FOX ALPS 5に交換されています。
オールドキャノはショックユニットでなにかと苦労します。(笑)
I-DV-02.jpg
  1. 2008/11/15(土) 19:45:48|
  2. サイポタ・自転車系イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サイクルモード2008 MTB

▼フルモデルチェンジしたSPECIALIZED S-Works EPIC。
気になっていたMTBだったので試乗してみた。
s-works-01.jpg

▼SCOTT GENIUS LIMITED・・・・¥1,575,000(税込)。
scott-genius01.jpg

▼MERIDA NINETY-SIX CARBON TEAM-D、カタログ値9.0kg(460mm)。
merida.jpg

▼STORCK Rebel Carbon。
19"で1,290g・・・20万円台のお値段は厳しいなぁ・・・かっこいいんだけど。
storck.jpg

▼メーカー不明だが、かっこいいディスク用カーボンホイール・・・欲しい!!
proride.jpg
  1. 2008/11/10(月) 21:34:27|
  2. サイポタ・自転車系イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクルモード2008 ROAD

▼3大ツール制覇のTREK。
trek.jpg

▼最近なにかと気になるWilier Cento1。
wilier.jpg
このまるっこいエンドが好き~
リアディレイラーは11速のカンパ・スーパーレコード。
wilier-02.jpg

▼COLNAGO for FERRARI CF7 Racing Speed ¥1,732,500(税込)世界99台限定。
ferrari-01.jpg
▼CF7のリアディレイラーは、やはりカンパのスーパーレコード。
ferrari-02.jpg
▼COLNAGO EPS。
colnago-eps.jpg
▼COLNAGO FLIGHT。
colnago-flight.jpg

▼どうしてもこの手のバイクが気になって・・・cervelo P4。
cervelo-p4.jpg

▼毎回かならずチェックしてしまうceepo。
ceepo.jpg

▼RIDLEY DEAN。
ridley-dean.jpg

▼CHERUBIM。
F&Rブレーキの取り付け位置がマニア心をくすぐる。
cherubim.jpg

▼ついに出た、電動デュラ!!
ローラー台で試してみたが、抜群に気持いいシフトフィーリング・・・というかスイッチ!?(笑)
duraace-di2-03.jpg
▼オートトリム最高!!
duraace-di2-01.jpg
▼デザインは・・・あまり好きではないが・・・電動はいい。
duraace-di2-02.jpg

▼「最近ネットでぇ~え~え~、やたらとみかけるこのフレームゥ~ウ~ウ~、もう少し安けりゃ買うのになぁ~」(天津木村風)
c-carbon.jpg

▼カーボンヨーク&エアーショックのリアサスが特徴、Tyrrell SZ。
黄色~♪
tyrrell-sz.jpg
  1. 2008/11/10(月) 21:31:26|
  2. サイポタ・自転車系イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクルモード2008 cannondale

▼イヴァン・バッソが2008ジャパンカップで乗ったバイク。
cannondale-jcup04.jpg

cannondale-jcup01.jpg

cannondale-jcup02.jpg
▼"伊蛮伐蘇"はわかるが・・・極太楷書体の意味は?(笑)
cannondale-jcup03.jpg
▼試乗したRIZE ONE。
現行モデルのなかでは一番気になる存在。
cannondale-rize01.jpg
▼新型のSCALPELも悪くはないのだが・・・やはり旧型が好き。
cannondale-scalpel01.jpg
  1. 2008/11/10(月) 19:36:33|
  2. サイポタ・自転車系イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

INFINITY

Webサイトもよろしく!!INFINITY (Yahoo!)

プロフィール

INFINITY

Author:INFINITY


衝動買いしてしまった黄色いcannondale SUPER Vが我が家にきて十数年・・・
cannondaleがお気に入りでMTB 4台+トライアスロン/TT 2台を所有。
その他に、BeOneの軽量MTB、FOESのハードテイルMTB、そしてBROOKLYN MACHINE WORKSのDHバイク・・・いつのまにか9台の自転車が部屋を占領中。


cannondale 2.8 Series
cannondale Multisport 600
cannondale SM500
cannondale Killer V
cannondale SUPER V Carbon 900
cannondale RAVEN 800 SL
BeOne KARMA LTD
BROOKLYN MACHINE WORKS Race Link
FOES ZIG-ZAG HT('00)

カテゴリー

RANKING


FC2ブログランキング 自転車・サイクリング
クリック !! click !!
人気ブログランキング 自転車・サイクリング
クリック !! click !!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

友Link

Kstage
(フラワーデザイナーであり経営者の菊池夫婦とは10代の頃からの友達)

Cannondale Owners Link

山本和弘 YamamotoKazuhiro.com
(元プロ選手のKAZUのブログ)

思い描く走りを求めて
(NOBRANDさんのブログ)

cannondale Owners Group
(キャノンデールオーナー専用SNS)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

管理者設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。